立国党の世界へようこそ

立国党から立候補しよう!


不当な選挙(憲法前文違反)

失われた20年と言いますが、なぜこのようなことになったのでしょうか。その前は経済大国日本、一億層中流と言われた時代でした。それが気づかない間に経済停滞、格差拡大など今日ではどんどんおかしな方向へ進んでいます。そのような中で政治は多くの主権者国民の意思が全く反映しない政治家が国民の意思と全く正反対の政治を行う今日です。大多数の主権者国民の意思が反映されない政治は最早民主主義ではありません。なぜこのような日本になったのでしょうか?それは、選挙制度が悪すぎるからです。一票格差、小選挙区制、選挙に出る際の高額な供託金の問題、既成政党が年間数百億円を税金からぼったくる、また選挙管理委員会の不当な選挙ほか数え上げればきりがないほど、民主主義とは言えない様々な選挙に関する問題を解決しなければ日本は国民主権の民主主義とは言えない。立国党代表 犬丸勝子

立国党(前犬丸勝子と共和党サイト)

 

憲法改正・マイナンバー・消費税率UPなどのこれらは既成の与野党みんなで「あうん」の呼吸で実施を企んでいる

憲法改正は国民にとってどのような利益があるというのか。憲法改正で血生臭くなるのは嫌だ。また、マイナンバーで主権者国民が家畜のように管理されるのは権利の侵害で全く許されない。また消費税は上げる一方で一部の税は優遇するという不公平は間違った政策である。この他にも兎に角、間違った法律を大量に作っている。これらを全部廃止しなければ日本人は未来に向かって家畜化、奴隷化が進むだけである。だが廃止したいと思っても、マイナンバー・消費税率UP・TPP・原発問題・高齢者問題・子育て問題・医療・福祉問題などの法律化する前の作業は民進党(旧民主党)が行っている。そして、それを法律にするのが自民公明内閣である。これをみれば既成政党の与党も野党もみんな一枚岩と言うことがわかるはずである。このような中で既成政党のどこにも投票することはできない。だから、新しく自分たちで政党を作る他には無い。立国党サブページ

 



※犬丸勝子が代表を務める立国党は宗教とは一切関係ありません。2016年2月4日に立ち上げた政治団体です。詳しくは犬丸勝子の公式ホームページをご覧下さい。URL →http://www.inumaru-katsuko.net